出産は経験するごとに時間が短くなるものではない

出産は回数を重ねるごとにお産が楽になっていくと言われていましたが、私の場合はそうではありませんでした。

初産の時は、看護師さんが驚くほどのスピード出産で、かかった時間は3時間ほどと、初産の人にしたらかなり楽なお産だったねと言われた位でした。

自分にとっては初めての出産の不安と緊張、初めて味わう痛みの怖さで覚悟はしていましたが、声を上げずにはいられませんでした。

しかし、2人目を出産する時は初めの痛みを知っているのと、産道がすでに1度開いているのとで気持ち的にも心構えが出来ていて、必要以上に声を上げる事はありませんでした。

しかし陣痛が始まってから出産するまでは、一人目の時より時間が掛かっていてかかったのは5時間ほどになっていました。

その分痛みを感じる時間は長かったので、体力的にはつらい物でしたが、出産自体はスムーズに出来たので、分娩室に入ってからは早かったと思います。

3人目の時の所要時間はトータルで11時間。3人産んで一番時間が掛かったことになります。

周りの誰もが出産を経験するたびに所要時間は早くなるものだと言っていたので、私のケースに驚いていました。

出産が終わるまでの時間は11時間で時間はかかったことになりますが、2回も経験しているので、出産自体は上手に終える事ができました。

しかし、3人目という事で出産後の後産はかなりきつく、陣痛の少し軽い物の様な痛みが数日続いた為、個人的には主産自体よりも後産の方が辛い物でした。

3人目ということで気を抜かずに、安産になるにはどうすればよいのかを意識して妊婦生活を送ればよかったと少し後悔しています。